// // // BCP対策として給水設備に太陽光発電 | 協立機電工業株式会社

事例詳細

BCP対策として給水設備に太陽光発電

光熱費削減 CO2削減

BCP対策として、工場内のポンプ室の屋根に3.83kWの太陽光パネルの設置をご提案して、採用されました。
平時は、太陽光パネルで発電した電力を蓄電(15kWh)および、少量ではあるものの余剰電力を工場へ供給しています。
有事(停電時)の際には、太陽光パネルで発電した電力を蓄電池に蓄えて、井戸水ポンプを稼働することで給水可能としました。また工場の近隣の方々へも供給することで、地域貢献できるようにしました。

金属製家具製造業 某工場

静岡県某所

事業内容: 金属製家具全般の製造・販売

ポンプ室の太陽光+蓄電池 設置イメージ